読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「社交辞令じゃないです」って言う方がめんどくさくないか?

 

 

 「僕には裏面があるんですよ」って堂々と宣言する奴は前から嫌いだった。それは「これは本当の自分じゃないんですよ」って言っていることと同じだから。俺は、そんなことをいちいち宣言する奴がアホに見える。だって、人は誰でも本当の自分で生きてるわけじゃない。人はみな、表と裏があって、でもそんなもの存在しないように振る舞って生きている。本当の自分じゃないことは当たり前として生活してる。そこに、「ハイ、今の僕は表ねー、あっ今裏になったよ!みんなそこんとこよろしく!」とか言う人間がやって来たら、すごく不快だ。俺は不快だ。

 

 「素直に嬉しいです」っていう表現があるらしい。まぁ確かに奇妙な表現だと思う。使いどころがよくわからない。少なくとも俺は絶対に使わない。わざわざそんなめんどくさい言い方をする理由がわからない。もし俺が誰かに1回でも「素直に嬉しいです」なんて言おうものなら、次回から永遠に「素直に嬉しいです」と言い続けなきゃならないことになるからだ。そんなのは真っ平ごめんだから、俺は「嬉しいです」と「すごく嬉しいです」のニュアンスを使い分けてこれからも生きていくし、相手に感情を伝えるのは何も言葉だけではないのだから、それ以外のものも活用して、俺は感謝の念を伝えるだろう。

 

 例えば俺が誰かに物をあげたとする。そのときに相手が「素直に嬉しいです」と言ったとしよう。俺は特に何も思わない。むしろ「あぁ、心から喜んでくれたんだな」と、こっちも嬉しくなると思う。しかし問題は次回から出てくる。また俺がその人に何か物をあげたとする。するとその人は今度は「嬉しいです」と言った。俺はそこでショックを受ける。「えー素直に嬉しくなかったのー・・・。1回目は言ってくれたのに・・・」と、傷つくと思う。「モノの種類が悪かったかな・・・」「俺のこと嫌いなのかな・・・」「今回は社交辞令なんだ・・・」とずっと考えると思う。1回目に「素直」をつけて2回目につけなかった理由を考えて、自分が良くなかったんだ自分が悪いんだと責め続けると思う。

 

 実際に生きていると、そこまで思いつめたり執着することや、その相手も俺には無いのだけど、上の例のようなこと(反応の違いに疑心暗鬼になる)は十分に可能性としてはありえることだと思う。だから俺は、少なくともお礼を言う側である場合は、「素直に嬉しいです」なんて大それたことはとても言わない。「今回は社交辞令じゃないですよ!」って宣言するリスクはとても取れない。そんなことをしたらそれからずーっと「今回も社交辞令じゃないですよ!」って宣言し続けなければならないではないか。だから、もし俺は「素直に嬉しいです」と言うときがあったら、それは「今後絶対、二度と会わない相手」にだけ言うのだろう。「社交辞令じゃないですよ!」って。無責任に軽くお礼を言ってトンズラするんだと思う。

 

 だから、「今後も関係を続けて行かなきゃいけない相手」に対して「素直に嬉しいです」などという「最上級のお礼」の言葉を使う人間がいたとしたら、それは凄い根性というか、縛りプレイに自分から入って行くのか・・・(困惑)みたいな、そういうものを俺は感じる。「これは社交辞令ですよ、これは社交辞令じゃないですよ」って事あるごとにいちいち宣言しなきゃいけない方がめんど臭くない?

 

 もしテレビの街頭インタビューで誰かが「素直に嬉しいです」と言っていても、俺は何も思わない。と言っても、テレビのインタビューで「素直に嬉しいです」と言わなきゃならないシチュエーションがうまく想像できないのだが。しかしそれにしても、「素直に」をつける意味は俺もよくわからない。「素直に」をつけるということは、「素直じゃない」状態を聞き手に喚起させる。「あっ、ということはこいつは素直じゃない状態があるのか」と、人に思わせる。予防線というものは張ること自体にリスクがあって、「こっち見ないでね」と言われたらそっちに目が行くのが人間である。「素直に」をつけ加えることが何の予防線になっているのか(何に配慮してるのか)俺にはよくわからないのだけれど、少なくとも言えることは、ならば俺はそいつの「素直じゃない」状態を想像してしまうということだ。そしてまた、「そんな状態は誰にでもあるのになんで彼はいちいち宣言するんだろう?」という疑問も生まれてしまう。

 

 そういったよくわからない「配慮」だったり、「僕は今表です裏です」と宣言して「クイズの答えを最初に言っちゃう」つまらなさみたいなものは、聞く側としては残念だと思う。そんなこと気にしないで自由に振る舞えば良いのにと思う。だから俺はそういった文脈で「素直に嬉しいです」を批判する。「素直に」に付随する様々な意味(リスク)を自分から背負うべきではない。それだったら「嬉しいです」の一言だけの方がよっぽど率直な表現である。

 

 

 

 

 

 

 

 

「素直に嬉しいです」と言ってしまうかわいそうな若者達

http://futoimegane.hatenablog.com/entry/20140521/1400644867

 

 はてなブックマーク - 「素直に嬉しいです」と言ってしまうかわいそうな若者達

http://b.hatena.ne.jp/entry/futoimegane.hatenablog.com/entry/20140521/1400644867