リベラルの国 第12話「新しい仕事」

 

 

リベラフィライト「虎達・・・聞きたいことが」

 

虎達「いいとも。フェミル、外、出ても?あっ・・・(察し)」(フェミニスト、床で爆睡している)

 

(暗転)

 

(晴天の草原を歩くリベラフィライトと虎達)

 

虎達「ンッ!アーア!良い季節だぁ。」

 

リベラフィライト「うん・・・」

 

虎達「ちゃんと寝てるか?」

 

リベラフィライト「あんまり」

 

虎達「師匠の言うこと聞いてるか?」

 

リベラフィライト「あまり・・・」

 

虎達「悪い子だな」

 

リベラフィライト「たぶん・・・」

 

虎達「フッwハッハッハッハッハッw」

 

(リベラフィライト、立ち止まる)

 

リベラフィライト「この星のリベラリズムフェミニズムをもっと進めたい。現状のやり方では不十分だ。もっと徹底的にリベラリズムフェミニズムを実践したいし、そのためには師匠に反乱することもやむをえないと思ってる。それもやっぱり、悪いことかな?」

 

(虎達も立ち止まり、リベラフィライトを見つめる)

 

虎達「・・・んー・・・たとえば、俺はフェミルに、化粧もお洒落もハイヒールも止めてほしいと思ってる。楽させてやりてぇんだ、あいつに。でも、これを聞いてあいつは喜ぶだろうか? ・・・清く正しい「本当」が辺り一面を傷つけ、全く予想外に変貌させるかもしれない。だから冷静に、慎重にな?」

 

リベラフィライト「うん。」

 

(虎達、気絶する。駆け寄るリベラフィライト)

 

フェミル「聞きたいことは聞けましたか?」

 

(いつのまにかリベラフィライトの後方に立っているフェミニスト

 

リベラフィライト「・・・天気の話しかできなかった」

 

フェミル「・・・そうですか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20180109/20180109193602.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝石の国 第12話「新しい仕事」

http://www.nicovideo.jp/watch/1513911891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.