国民が知らない平飼いの実態

 

 

 平飼いで序列下位になる鶏にとっちゃ、エサが均等に分けられる拘束飼い(ケージ飼い)の方が嬉しいだろう。序列下位の鶏にそう思わせないためには(ケージ飼いの方がマシだと思わせないためには)、あるいは「俺は平飼いでも鶏権を尊重されている」と下位鶏に思わせるには、平飼いの環境下でも各鶏に均等にエサをやらなければならない。そういう意味で結果の平等が必要になってくるわけだな。

 

 

 twitterで聡明な方たちが「自由形はみんなクロール」という話をされていたけど、多様性のある社会とは、「どんな生き方をしても得られる利益はだいたい同じ」という社会のことを言うのであって、そういう意味では、アメリカですら多様性が全く無い社会であると断言できる。要は「いろんな人がいる(いろんな泳ぎ方がある)」だけでは多様性の証にならないのだ。「いろんな人が居て、その誰もがだいたい同じ収入・幸福度」でないとダメなのだ。「自由形にいろんな泳ぎの人が参加して、1位が平泳ぎで2位が背泳ぎで3位がクロール」みたいな感じにならないとダメなのだ。で、そういう感じにするためには、クロールを選択する人に重い枷を付けてハンデを付けないとダメなのだけど、果たして我々にそれができるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平飼いに関するmasudamasterのブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/masudamaster/%E5%B9%B3%E9%A3%BC%E3%81%84/

 

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20170609/20170609132909_original.jpg

 

 

 

フェアな人生に関するmasudamasterのブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/masudamaster/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AA%E4%BA%BA%E7%94%9F/

 

 

結果の平等に関するmasudamasterのブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/masudamaster/%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AE%E5%B9%B3%E7%AD%89/

 

 

Pasture raised hens running outside on a beautiful day- with funny music

https://www.youtube.com/watch?v=yMpLWAILtCk

外国の平飼いは広々として幸せそうだ。それとも見えてないだけでやはりイジメはあるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 .