「ヤリ捨ての無い婚前交渉を何人もの男とやらせろ」

 

 

 そのセックスが成功だったか失敗だったかは、女性しか決められない。そのセックスが合格だったか不合格だったかは、女性しか決められない。女性の主観でしか判断されない。つまりこういうことも起こりうるわけだ。「客観的に見たらヤリ捨てされてるのに、女性の主観ではヤリ捨てになってない」逆に、「客観的に見たら男は誠実を尽くしているのに、女性の主観ではヤリ捨てということになっている」

 

 

 実際に起こっている事実とは関係なく、女性の気持ちのみで物事の真偽が決まるため、「失敗の無い交際」「失敗の無いセックス」というのはありえない。男性がどれだけ最善を尽くしたところで、それでも女性にとってはキモかったりすることもあるわけだ。それでも昔は男の方が強かったので、たとえ女性がどんな気まぐれ・癇癪を起こしても、権力勾配の上に立つ男のサダメとして、それを許してきた。甘受してきた。ところが男がどんどん弱くなって、権力勾配の滑り台を滑り落ちてるので、そういう女性の気まぐれにも付き合えなくなってきている。男がゴミ箱として機能しなくなってきているのだ。それについてはこちらを参照。 → 

https://mstdn.jp/@MasudaKotatsu/100115776521330582

 

 

 まず、「ヤリ捨て」の定義をしなければならないだろう。男はたくさんの女性にフェラされても、自分のチンポが汚されたとは感じない。自分の尊厳を損なわれたとは感じない。しかし女性は男と寝ると、自分の体が汚されたと感じる。私は以前から「女性は男をレイプできない」と言っている。「美人でない中年女性が中学生の美少年をレイプしたとしても、その結果、身体が汚れるのは中年女性の方であり、身体が癒されるのは美少年である」と。私が警察官としてその事件の担当になったとしても、もちろん中年女性を法に則って粛々と処理はするが、心の中では「美少年べつに被害うけてねぇだろ」と思いながら仕事をすることになるだろう。

 

 

 男の体は最初からキッチャナイので、たとえ男が異性とどれだけ性交しようが、あるいは同性とでさえ性交しようが、その体がひどく汚れるとは思えない。少なくとも我々のプリミティブな感情はそう告げている。一方で女性の身体は綺麗なので、女性は同性と性交しても汚れないが、異性と性交するととんでもなく汚れる。男のテストステロンをアチコチにこびりつけられて、あっという間に汚くなる。少なくとも、我々のプリミティブな感情はそう告げている。女性たちが自分の体を宝石扱いしたり、男性のヤリ捨てに敏感なのも、そういったプリミティブな感情が土台になっているからである。「この宝石を傷つけた(汚した)のだから、それ相応の対価を払え」ということだ。そのように女性の水商売・売春が高価であるのは我々のプリミティブな感情が関係しているが、ホストクラブが高価なのは、あれは非常に人工的な価格付けであって、強引に慣習を作ってしまっただけであろう。ホストクラブの価格に必然性は無い。

 

 

 アメリカのフェミニズムがちょっと行き過ぎていて、ヨーロッパの人々が疑問を投げかける、ということが起きているようだ。まぁ、アメリカのフェミニズムが行き過ぎてしまったのは、先進国のフェミニズムがもうやることが無くなってしまったからであり、後やることと言えば、「レイプもヤリ捨ても無い婚前交渉を全ての女性が何人もの男性と行えるようにする」というとんでもない無謀な目標であり、当然それが達成されることはないし、アメリカのフェミも何をどうやれば良いかわかっていないので、結局は、「女性の性被害の防止」にしか手をつけられず、「純潔教育の実施」と「婚前交渉の禁止」の焼き直ししか行えないわけである。彼女らはもう進むことができない。ボートに乗って、片方のオールだけを漕いでその場でクルクル回っているようなものだ。「私はあなたたちのお母さんではありません!男性のことは男性自身でやってください!」の帰結はそれなのだ。

 

 

 「ヤリ捨ての無い婚前交渉」で考えられるケースは、まず、「女性は最初にセックスした男と必ず結婚する」というものだろう。これならヤリ捨ては起き得ない。次に、「女性はセックスした全ての男性の妻になる(男性はセックスした全ての女性の夫になる)」というケースもある。まぁこのケースは、女性は全ての夫の子を産めないし、男性は全ての妻を養えないので、採用はできない。「あの人はあたしの12番目の夫ですがあたしを養ってはいません」「あの人は私の5番目の妻ですが、私の子を産んでいません」なら、それは夫婦でないも同然だし、ヤリ捨ても同然である。

 

 

 「ヤリ捨てが無い世界」ってそれプレイボーイもいないんじゃね?経験豊富な男性もいないんじゃね?って話でもある。プレイボーイの後ろには、そのプレイボーイが食い荒らして来た女たちの死屍が散らばっているはずだ。女の犠牲なしにプレイボーイは生まれない。いや、ときメモで女心を学習してプレイボーイになった男性は、どんな女性も傷つけなかった史上初の童貞プレイボーイになれるかもしれない。

 

 

 「イケメンのヤリ捨てはヤリ捨てじゃない」という問題もある。道端で泥酔してるところを福山雅治に拾われ、福山の家で犯された女性は被害届を出していない。福山に襲われたのは良い思い出だからだ。客観的にはヤリ捨てであるにも関わらず、女性の主観ではヤリ捨てになってはいないのだ。これは大変なことやと思うよ。その女性は、もしかしたらその後、会社でゆっくり紳士的にアプローチしてきて食事に誘ってきたキモブサ男に対して「ぬいぐるみからペニスが生えてきた!」と糾弾し、総務課に駆け込んだかもしれない。女性の気持ち一つで性犯罪かどうかを決めてはいけない理由がここにある。

 

 

 ここまで長々と書いてきたが、けっきょく言いたいのは、もはや先進国のフェミニズムは天動説であり、各要素が、なんの必然性もなく、なんの連動性もなく、ただ、女性のためだけに(摩訶不思議な動きをして)一心不乱に働いたときだけそれが実現するという、全く以て非現実的な図式でしかないということだ。けっきょく女性たちは落としどころも目標も曖昧だし、自分たちが本当に何を望んでいるかも理解してない(例えば日本人男性が白人男性のように優しくふるまったときに一番キモがるのは日本人女性である)ので、そういったよくわからない不完全なものをフェミニズムとして提出されて、それを男性が無批判に飲み込んで実行してしまうと、「男性たちが女性のために行動した結果女性が滅ぶ」みたいなことになりかねない(最初に女性が提出した設計図が間違っていたのだ)。だから私は、フェミニズムを疑い続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マストドン - 増田虎達

https://mstdn.jp/@MasudaKotatsu/100115486303520745

 

 

不可能図形 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%83%BD%E5%9B%B3%E5%BD%A2

 

 

女性を変容させずにリベラリズムを進めるとはどういうことか

http://masudamaster.hatenablog.jp/entry/2018/04/21/113331

 

 

とくさんか?に関するmasudamasterのブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/masudamaster/%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 

 

済州島みかん

http://f.hatena.ne.jp/masudamaster/20170603223747

 

 

はてなブックマーク - セックスのリスクを考えない人

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180214152409

『セックスしたいなら結婚という名の責任を負うべきだ。』 チンネキも同じこと言ってたしこれはラディフェミの常套句。しかし結局これもラディフェミの暴走であり、経験を積みたい女性にとってはただのありがた迷惑

 

 

 

フェミニストレズビアンは、ノンケ女性が悲劇に襲われないように奔走してる。でもノンケ女性にとって恋とは、「悲劇無くして成功なし(自由意志の腕試しの場)」なのも事実なので、Me Too運動はありがた迷惑でもある

http://b.hatena.ne.jp/entry/355264001/comment/masudamaster

 

 

絶対に失敗の無い世界では成功も無い。男が好きじゃないフェミニストレズビアンはそれでも良いのだろうが、ノンケ女性からしたら「いやちょっと待ってくれよ」という話になる。

http://b.hatena.ne.jp/entry/357868638/comment/masudamaster

 

 

はてなブックマーク - 「MeToo」VS.「ドヌーブ」があぶりだした米仏の「深い乖離」--西川恵

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.huffingtonpost.jp/foresight/metoo-catherine-deneuve_a_23341857/

 

 

【芸能】土屋太鳳、「佐藤健さんが『大丈夫? 何かできることない?』って、脚をマッサージしてくださったり」と笑顔

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511771264/

 

 

若い男性が放任される理由:若い男性は性的経験値を稼がなければならないから → はてフェミ「アタシと出会うまでにいろんな女を孕ませとけ http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20170225/20170225092508_original.jpg

http://b.hatena.ne.jp/entry/335317622/comment/masudamaster

 

 

そういえばはてな女子も「アタシと出会うまでに女の一人や二人くらい孕ませとけ」と言っていた。

http://b.hatena.ne.jp/entry/326788993/comment/masudamaster

 

 

加害者(被害者)が男か女かで意見を変える人たち

http://masudamaster.hatenablog.jp/entry/2018/03/16/085042

 

 

はてなブックマーク - トロブリアンド諸島 -逆レイプの儀式

http://b.hatena.ne.jp/entry/womanrapeman.x.fc2.com/page77.html

 

 

セックスワーク貞操と家父長制の問題はフェミにはとても取り扱えないと思う。ゲーム理論と物理法則が複雑に入り乱れてるから。キャパオーバー

http://b.hatena.ne.jp/entry/367592774/comment/masudamaster

 

 

 

 

 

 

 

  

.