欧米はなぜ女性に父性を与えようとするのか

 

 

 「男性は男性らしさを捨てろ!」と「オカマはカス!童貞はカス!」は両立しないことに気づく聡明なフェミと気づかない愚かなフェミが居るわけだけど、気づかない愚かなフェミの言説をニュースサイトが取り上げてはダメだと思うよ。「童貞はカス、オカマはカス」っていう考えは別にあっても良いけど、それはつまり「この世の男性の努力でできているし、女性のための良き男性になろうとする男性の努力が我々には必要不可欠である」ということをどうしようもなく認めていることになるわけだよ。父性の発揮を男性に懇願しているわけだよ。

 

 

 まず欧米の男女平等について分析してみよう。欧米は、つまり「オカマはカス、童貞はカス。それは正しい。オカマも童貞もカスなんだよ。そして、オカマに力で劣り、童貞に行動力で劣る『女』っていう種族は、このままじゃダメだ。女に父性を与えてマッチョにしなければダメだ」ということを言っているのね。ワンダーウーマンっていうのはそういう映画なわけ。確かに欧米はオカマや童貞の権利は守ってはいるよ。でもその実態としては、欧米はオカマや童貞の性質をどうしようもないくらい侮蔑しきっているし、女性にはオカマや童貞のようになってほしくないと思っているからこそ、女性を強化しようと必死になっているのだよ。

 

 

 ところがその「女性強化」に女性たちがイラつき始めて、「私たちを男にするな!」「女は女のままで社会の支配者になる!」っていうワガママを言い始めたわけ。「私たちを男にしようとするな!私たちを強化するな!あっ、でも男は強くあらねばならないし、同時に男は男らしさを捨てなければいけない。そして童貞はカス。」

 

 

 フェミが「童貞はカス」と言えば言うほど、人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」そうすると人々はフェミの言うことに同意し、そして男女平等の原則に則り、童貞みたいなカスさを持つ女という種族を強化しようとする。そこでフェミはファビョり、「女を強化しようとするな!女を男にしようとするな!男と女は別もの!」と言ってしまう。すると人々は、「なんだ、やっぱり男と女って違うんじゃん」と思う。するとフェミは「いや違う!男と女は一緒なの。平等なの!でも童貞はカス。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『内容は「女たちも男にリードさせるばかりでなく、自分たちも男をリードしろ、主体性を持て」との一文に要約できる。作者がフェミニズムを勉強するうちに女のずるさを発見、糾弾する側に回った、男性の本音の書とも

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.amazon.co.jp/review/RDPUU12HG298I/ref=cm_cr_rdp_perm?ie=UTF8&ASIN=483871999X

 

 

森岡っちも女叩きに回ってて草。そりゃそうだよ。しっかり考えれば、革命を起こすには男性の努力だけでは無理なことはわかる。女性が変わらないと世界も変わらないよ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/320905937/comment/masudamaster

 

 

『男女同権の民主主義は西欧のキリスト教的風土では神話にすぎず「性と性格」の著者ヴァイニンガーは「もっとも低級な男性といえども、最も高級な女性より、なお限りなく高級」と宣い、ショーペンハウアーは「女性と

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/Muranishi_Toru/status/859316948793835520

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

女社会で兵士になるのは女だぞ!?

 

 

 「男社会のせいでミサンドリーになるのは仕方ない」って開き直るフェミをよく見るけど、お前らじゃあ女社会に行ったらお前らのミサンドリーは治るのかっつったらそんなことは絶対ないし、女の方が偉い社会ではフェミはセクハラババアになって、可愛い男の子にセクハラしまくってるだろうね。まさしく、男の悪の写し鏡と化したおフェミ。それから、じゃあ男社会の代わりになる女社会っていうものはどういうものなのかって、お前ら真剣に考えたことあんの?みんなでお花を摘んで紅茶を飲んで和気あいあいとするのが女社会じゃないぞ!?女社会で兵士になるのは女だぞ!?それで良いのか!?そういうところまで考えてから、ミサンドリーを開き直ってくださいよ。俺だってワンダーウーマンクレイモアみたいな美しく力強い女の人がすごく少ないから、女性に失望してミソジニーになりかけてるけど、それじゃいけないよなぁということで、女性らしい女性を好くように努力してるのに。女性に不満を言うよりも、女性の良いところを見て行こうという戦略だよね。弱い女性だって良いじゃない!ビバ専業主婦!おフェミも俺を見習って、男性の良いところを探してみたら?女心の奴隷になるんじゃなくてさ、たまには自分の女心に反抗してみよう!というわけで、今日は、このへんにしときます。それではみなさん、さよならー(たれぞう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20170918/20170918212725_original.jpg

 

これは女社会ではない(無言の腹パン)

 

 

 

 

 

 

 

 これが女社会である

 

https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20170919/20170919104845.jpg

 

 

https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masudamaster/20170919/20170919104912_original.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

文化の盗用論をやるならちゃんとやりぃな

 

 

 文化の盗用論が正しいっていうのなら、じゃあちゃんと全うしいな。「人気が出ちゃったものについては特別に見逃す」とかやったアカンで。ほいたら創作者はみんな「よし、この作品をヒット作にして、この作品の文化の盗用については見逃してもらうぞ!」って頑張っちゃうやんか。だから、文化の盗用論者は「どれだけ人気が出た作品であろうが、文化の盗用をしてるのならダメ」と言い続けなアカン。もしそれを言い続けられるのなら、文化の盗用論者は、一貫した論理と素晴らしいポリシーの持ち主だということや。でも、「人気が出ちゃったものに関してはもうどうにもできない。人気作における文化の盗用は見逃すしかない」と言うのであれば、それは「手塚治虫を叩けなくなったPTA」と同じ末路を辿ってるってことにしか過ぎないんやで。なんか、目についたものをとにかく叩いて、でも時代が変わったらもう叩けなくなっちゃって・市民権を得たらもう叩けなくなっちゃって、というのはもう止めようや。時代が変わろうが、情勢が変わろうが、全くブレない一貫した論理とポリシーを持とうや。俺が言いたいのはそれだけや。俺は左派リベラルが嫌いだからこういうことを言ってるんやない。左派リベラルを応援してるからこういうことを言ってるんやで?それがわかったら、今からニンジャ・タートルズチョナン・カンと、MONKEY MAJIKの『SAKURA』のPVを、叩きに行こうか~♪(チャゲアス風に)

 

 

 

 

 

 

 

 

「手塚作品は有害図書ではない」と鞍替えしたPTAは自身の思想の変遷を説明せよ!

http://masudamaster.hatenablog.jp/entry/2017/07/09/122759

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.